珠ちゃんサロン公式オンラインショップ tamasalon はこちらから

日本版CCRCとは?/ 有料老人ホーム・サ高住・介護施設との比較 

皆様こんにちは。

NPO法人ソシオの杜です。

今回は、趣向を変えて、CCRCについてお話したいと思います。

そもそもCCRCって何?という方がほとんどだと思いますので、まずは、成り立ちや歴史からお伝えします!

CCRCとは

CCRCとは Continuing Care Retirement Community の略で、日本語で直訳すると「継続的なケア付きの高齢者たちの共同体」と言います。

もう少し噛み砕くと、高齢者が健康なうちに入居し、終身で過ごすことが可能な生活共同体」といった感じになります。

もともと、1970年代のアメリカで生まれた考え方で、高齢者が元気なうちから、コミュニティを作って、お互いに助け合うことを目的としています。

「安全な住まい」と「医療・介護といったサービスの提供(サポート)」が約束されており、アメリカでは急激に増加していきました。

f:id:alba0822:20210828211049j:plain

このアメリカの考え方を基に日本版のCCRC計画が近年進められています。

日本版の大きな特徴としては、アメリカでは主に富裕層を対象としているのに対して、標準的な厚生年金受給世帯でも生活できる水準を想定していることです。

※もちろん施設によってコンセプトが異なるため費用負担も様々です・・・

日本でも徐々にCCRC的な考えが広まってきており、全国で複数のCCRC事業が運営されています。

少子高齢化がますます進行していく日本では、「高齢者の住まい」の問題は、誰にとっても身近な話題かと思います。

ここからは、日本版のCCRC事業について詳しくお伝えします。

日本版CCRC構想とは

2015年に日本版CCRC構想に関する有識者会議が開催されました。

1 日本版CCRCが目指すもの

⽇本版CCRC構想とは、

「東京圏をはじめとする地域の⾼齢者が、自らの希望に応じて地⽅に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。

日本版CCRC構想有識者会議資料より抜粋

であり、この構想の意義としては、

  • ⾼齢者の希望の実現
  • 地⽅へのひとの流れの推進
  • 東京圏の⾼齢化問題への対応

の3つの点があげられます。

このような考えを基本にして、複数の事業者によって全国各地で特色のあるCCRC事業が計画、運営されています。

2 CCRCと従来型の高齢者住宅との違い

CCRCと従来型の高齢者住宅(老人ホーム・介護施設など)は、似ているようで多くの違いがあります。

《入居時の健康状態》や《居住者の位置づけ》の違いが特徴的です。

従来型の高齢者住宅では、入居者は医療や介護の手当が必要な方が多く、「支えられる人」として扱われます。

一方、CCRCでは、入居者は「健康なうちに」コニュニティーに参加します。

したがって入居者はお互いに支えあう(共助する)関係となります。

費用や設備など様々な違いもありますが、このお互いに「支えあう」ことがCCRCの一番の特徴であり素晴らしい点だと考えています。

【表1 日本版CCRCと従来の高齢者住宅との比較】

  従来型の高齢者住宅 日本版CCRC
入居時の健康状態  具合が悪くなってから  健康なうちに
入居動機  不安だから  楽しみたいから、役立ちたいから
事業収益視点  介護保険に依存  介護保険に依存しない
地域接点  地域との接点無し  地域に開かれたコミュニティ
世代視点  高齢者だけのコミュニティ  多世代共創型コミュニティ
建物  新規に建築  可能な限りストックを活用
居住者の位置づけ  支えられる人  担い手、共助する人
居住者の自治組織  無し  有り

              出典:地方創生のエンジン「日本版CCRC」の可能性 | プラチナ社会研究会

このように、CCRCは「介護保険に依存しない」ことが大きな特徴であり、従来型の高齢者住宅のように介護職員が常駐しているわけではありません。

そのため、入居後に介護サービスの利用が必要となった場合には、個別に介護保険サービスの利用契約を締結することになります。

それでは、次にCCRCという選択のメリット・デメリットについてお話いたします。

日本版CCRCのメリット

日本版CCRCを考えるうえでのメリットは

1 健康な状態で「入居」・「移住」が可能

従来の高齢者住宅などと異なり、介護を必要としない健康な状態で入居することが可能です。

健康な状態で入居することで、入居者同士が支え合い「健康でアクティブな生活」を送ることができます。

f:id:alba0822:20210829091406j:plain

また、日本版CCRC構想では、東京などの都市部からの移住を想定しており、CCRCへ入居するととで、移住先でもご自身の知識や経験を活かし、地域社会に能動的に関わることが可能になります。

例えば

  • 地域の子育てや学習の支援
  • 地域おこし
  • 環境改善

など、様々な地域課題の解決に参加することで、従来の「支えられる立場」ではなく、「お互いに支え合う」関係を継続することができます。

しかも、上記のような課題解決に対し、若干でも対価(報酬)を受け取ることで、経済的な負担の減少にもつながります。

2 介護が必要な状態になっても同じ環境での生活が可能

CCRCへ入居後、医療や介護の支援が必要となった場合でも、基本的には同じ環境のままで生活することが可能です。

この「環境の変化」の有無は、CCRCの大きな利点となります。

介護が必要となった場合に、慣れ親しんだ地域で、同じ入居者の仲間と一緒に生活を続けることができることは、とても価値があります。

CCRCでは、地域の医療機関や介護事業所などと連携しており、これらの在宅サービスなどを利用することで、「継続的なケア」を受けることが可能となります。

日本版CCRC構想でも、「継続的なケア」の確保を重視しており、

医療・介護が必要となった時に、人生の最終段階まで尊厳ある生活が送れる「継続的なケア」を

確保する。このため、地域の医療機関と連携し、急性期から慢性期ひいては人生の最終段階における医療が円滑に提供されるようにする。

出典:日本版CCRC構想有識者会議

要介護・要支援状態になった場合は、居住者の希望に応じて、内付け(CCRC実施主体自身が提供)又は外付け(地域の介護事業者が提供)で介護サービスを提供する。重度になっても住み慣れた地域に居住しつつ介護サービスを受けることを基本とする。    

出典:日本版CCRC構想有識者会議

とされています。

このCCRCの仕組みは、要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい生活を最後まで続けることができるように地域内で助け合う」という 地域包括ケアシステムの考えを体現したものであると言えます。

f:id:alba0822:20210825204645j:plain

このように、CCRCには

  • 健康な状態で「入居」・「移住」が可能
  • 介護が必要な状態になっても同じ環境での生活が可能

という、2つの大きなメリットがあり、地域社会と連携することで、豊かなセカンドライフを目指すことができる仕組みであると言えます。

では、次にCCRCのデメリットについても確認しましょう。

日本版CCRCのデメリット

もちろん、CCRCはメリットばかりではなく、デメリットと言える部分もあります。

1 選択肢が少ない

そもそもの前提として、CCRC構想自体がこれから進んで行くものであり、現時点での選択肢が豊富にあるわけではありません。

あなたの希望する地方・地域に、適切な入居先がない可能性も十分考えられます。

2 「入居先」・「移住先」になじめない可能性も

CCRCだけに限った話ではありませんが、住み慣れた地域を離れて地方へ「移住」することになりますので、移住先の地域社会へ馴染むことができないというリスクは付きまといます。

また、移住先が遠方の場合、お子さんやお孫さん、ご友人などと会える機会が少なくなることも考慮する必要があります。

3 医療・介護者の人材不足

CCRCで想定している「入居先」・「移住先」は基本的には地方であり、施設や連携機関の人材確保というリスクも少なからず存在します。

団塊の世代が75歳を向かえるいわゆる2025年問題もあり、医療・介護従事者の人手不足は深刻となっています。

ただ、これは見方を変えると、地方へCCRCが普及することで、雇用を生み出していくと考えることもでき、一概にデメリットでは言えないのかもしれません。

ここまで、CCRCのメリット・デメリットをみてきましたが、次に、具体例を確認していきましょう

CCRCの具体例

特定の施設をご紹介するのが本旨ではないのですが、実際の施設をご確認いただくことでよりイメージが湧くと思いますので、ごく簡単に2例ほどご紹介いたします。

ご関心がありましたらご自身で詳しくご確認ください。

1 ゆいまーる

日本におけるCCRCの先行例としてます名前が挙がるのは、株式会社コミュニティネットさんの運営する高齢者住宅「ゆいま〜るシリーズ」です。

「ゆいまーる」のコンセプトは次の3つです。

  • 「施設」ではなく住まいとしての広さを確保した「ハウス」
  • 「医療」「看護」「介護」の連携で安心して暮らせる仕組み
  • 居住者主体のハウスづくり。地域とともに育むコニュニティー

どれもCCRCの理念に沿った素晴らしいコンセプトだと思います。

詳しくは公式サイトをご確認ください

ゆいま~るとは|株式会社コミュニティネット

2 スマートコミュニティ稲毛

スマートコミュニティ稲毛は、株式会社スマートコミュニティが運営する日本最大級のCCRCです。

1000人以上が同時に過ごせる大きな「コミュニティ施設」と安心して過ごせる「分譲マンション」の2つの空間があることで、入所者の理想の暮らしの実現を目指しておられます。

詳しきは公式サイトをご確認ください。

スマートコミュニティ稲毛とは|スマートコミュニティ稲毛 – シニア向け分譲マンション

費用・入居条件

では、実際にCCRCに入居するとした場合の、費用や入居条件についてお伝えいたします。

1 費用

冒頭でお話しましたとおり、日本版CCRC構想では、入居費用の目安を

「標準的な厚生年金受給世帯でも生活できる水準を想定」

としております。

施設の設備やサービス内容により変動幅は大きいですが、一般的な有料老人ホームと比較して、より低い金額で入居できる場合もあります。

一例を挙げますと、

【分譲マンション購入:お一人暮らしのケース】

  • 入居時        :購入価格(1,500~2,000万円程度)
  • 入会金・施設利用権利金:約300万円
  • 食 費        :約45,000円/月
  • サービス費      :約50,000円/月

【入居:お一人暮らしのケース】

  • 入居時  : 約50万円
  • 月額費用 : 約20~30円万(食費・生活支援サービス費等含む)

【家賃一括前払い:お一人暮らしのケース】

  • 入居時  : 約2,000万円
  • 月額費用 : 約5~10円万(食費・生活支援サービス費等含む)

という感じで、条件により様々となります。

2 入居条件

主な対象者が健康な高齢者というだけで、一般的な高齢者住宅と大きな違いはありません。通常、契約時には連帯保証人や身元引受人が必要となります。

 まとめ

ここまでみてきたように、CCRCは、少子高齢化の進む日本において、有効な仕組みであると言えます。

高齢者が健康なうちから新たなコミュニティを作り、地域社会の中で、お互いに支え・支えられる関係を構築していく。

そしてそれがご自身の生き甲斐になるだけでなく、地域課題の解決にも繋がっていく。

とても素晴らしい仕組みだと思います。

現在、福岡県内で、とあるCCRCプロジェクトが進んでいます。プロジェクトの中心となられている方は関東や東北など他の地域での実績をお持ちの方で、その経験を活かし今回の事業を進めています。

私事ですが、このプロジェクトの計画段階に参画させていただくご縁がありました。

その後の進捗については、直接的には携わっておりませんが着々と進んでいると伺っております。

先方の許可をいただけるようでしたら、当ブログでも続報をお伝えできればと考えております。

CCRCの仕組み・考え方は、高齢化が進行が避けられない日本において、有効な施策の一つであり、ますますニーズが高まっていくものと思われます。

私たちの活動とも親和性が高く、色々な形で連携できるのではないかと考えています。

しかしながら、まだまだ馴染みのない言葉だと思いますので、引き続き、情報発信をしきたいと考えています。

 今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA