夜明けの森の日々

40代で起業した元公務員が、ビジネスを中心に日常を綴ります

退職後の年金の手続きについて

今回は退職後の年金手続きについてお話しをいたします。

 構成は以下のとおりです。

 

目次

 

【前提】

国民年金の種類】

【退職後の手続き】

【選択肢】

【私の選択(参考までに)】

 

 

【前提】

まず前提として、わが国の年金制度は大きく3つに分かれており、日本国内に住所のある方は、必ずいづれかの制度の加入することになります。

制度 説明
国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。
厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人。
共済年金 公務員・私立学校教職員など。

                        (出典:日本年金機構HP)

 

図で表すと次のようになります。

 

å¹´éå¶åº¦ã®ä½ç³»å³

                   (出典:日本年金機構HP)

 

 上の図のように、20歳から60歳までの方は、必ず家の1階部分である国民年金に加入することになります。

加えて、2階部分にあたる制度が存在し、サラリーマンやOLの方は厚生年金、公務員の方は共済年金にそれぞれ加入することになります。
※公務員や大企業の場合、3階に相当する部分の年金に加入するケースもあります

ざっと制度の概要を眺めていただきましたが、今回は退職後の年金手続きについてですので、以降はポイントを絞ってお話いたします。

  

国民年金の種類】

すべての方が加入する国民年金には、次の3つの種類があります。また、それぞれ保険料の納付方法についても違いがあります。

 

第1号被保険者

主に自営業や無職の方が加入
《保険料納付方法》・・・自ら納付(納付書・口座振替など)

 

第2号被保険者

主にサラリーマン・OLの方や公務員の方が加入
《保険料納付方法》・・・給料から天引きで納付
※厚生年金保険料の中に国民年金保険料も含まれています

第3号被保険者
第2号被保険者に扶養されている配偶者(サラリーマンの奥様など)
《保険料納付方法》・・・個人での負担なし
※第3号被保険者の保険料は制度全体で負担しており、個人での負担はありません。

 

この3つの区分が今回のテーマに関係しますので、まずはそれぞれ違いがあることをイメージください。

  

【退職後の年金手続き】 

先ほど見た通り、サラリーマンの方は在職中、厚生年金(+国民年金第2号被保険者)に加入していることになります。

この厚生年金の加入資格は、退職日の翌日で喪失します。
当然、国民年金の第2号被保険者としての資格も同じタイミングで喪失となります。

 

従って、退職日の翌日から国民年金第1号被保険者もしくは第3号被保険者として、改めて加入をする必要があります。
この手続により年金加入期間の空白期間が生じることなく継続することになります。
  

【選択肢】

次の2つの選択肢があります。

 

第1号被保険者として加入
◯退職後、配偶者の扶養に入らない場合には、第1号被保険者として手続きを行います。具体的には、以下のとおりとなります。

手続き窓口 住所地の市区役所または町村役場
添付書類 年金手帳または基礎年金番号通知書
提出期限 退職日の翌日から14日以内
提出者 ご本人または世帯主

                         (出典:日本年金機構HP)

 いくつか注意点の補足をします。

※手続きが完了すると、後日、年金事務所より保険料支払いの納付書が送られてきます。お近くのコンビニや金融機関でお支払いください。
※保険料は定額です。(令和元年度16,410円/月)
※保険料の納付方法には前納(まとめ払い)や口座振替などがあります。
※保険料納付が困難な場合には免除制度もあります。

  

 第3号被保険者として加入

 ◯配偶者の勤務先を通し、健康保険の扶養に入る申請を行います。手続きが無事完了すれば、自動的に国民年金の第3号被保険者となります。
つまり、扶養の届出と同時に第3号被保険者の届出を行うことになります。

 注意点

※配偶者の扶養に入ることができるかには一定の条件があります(収入・続柄など)

 

【私の選択】

参考までに私の選択についても記します。私の場合、妻は元々働いておらず私の扶養に入っていましたので、選択肢としては、第1号被保険者として加入するしかありませんでした。
ですので、市役所の窓口へ出向き、夫婦ともに第1号被保険者としての加入手続きを行いました。
また、私はできるだけ早いタイミングで起業し、自分で厚生年金に加入する計画にしていましたので、あくまでもその間の繋ぎとしての加入となりました。

 

まとめ

これまでの話をまとめますと、国民年金には3つの種類があります。

第1号被保険者・・・自営業者・無職など

第2号被保険者・・・サラリーマン・公務員など

第3号被保険者・・・サラリーマンの奥様など(2号の被扶養配偶者)

 

退職する=第2号被保険者でなくなりますので、第1号被保険者か第3号被保険者のどちらかに加入することになります。

 

それぞれ、手続き方法や保険料負担が異なりますので、ご自身の状況を確認の上、適切な届け出を行いましょう。

※保険料負担が最も少ないのは第3号被保険者です。要件を満たしているようであればご検討ください。
※第1号被保険者の方で保険料納付が困難な場合には、納付特例制度や免除制度があります。
 年金機構の窓口へお問い合わせください。

 

なお、今回の記事は極力簡潔な表現を心がけましたので、説明不足な箇所が多々あります。必ず、公式のホームページなどをご確認のうえ、手続きを行っていただきますようお願いいたします。


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。