ソシオの杜 ~ソシオエステの現場から~

ソシオエステティック(ソシオエステ)を提供するNPO法人の活動を綴ります

きょうぎん未来基金について

皆様こんにちは。

NPO法人ソシオの杜です。

 今回は、「きょうぎん未来基金」についてお話いたします。

 

構成は以下のとおりです。

 

目次

 

【1】きょうぎん未来基金とは

【2】応募内容

【3】審査結果

 

 

【1】きょうぎん未来基金とは

 

「きょうぎん未来基金」とは、佐賀県の地場金融機関である「佐賀共栄銀行」が地域貢献のために実施している助成事業で、2019年度で第11期を迎えています。

 

 f:id:alba0822:20200306213046j:plain

 

《応募条件》

佐賀県に拠点を置く団体であること

佐賀県で活動を行う団体であること

・法人格の有無は問わない。

 

《助成対象事業》

障がい者福祉、介護・高齢者福祉に関する事業
・医療・保健に関する事業
・子供・子育てに関する事業

 

 私たち、「NPO法人ソシオの杜」は上記の条件を満たしており、第11期「きょうぎん未来基金」募集に申し込みを行いました。

  

【2】応募内容

応募にあたり、事業内容の検討や具体的な事業計画の作成など、慣れない事務作業を進め、何とか形にすることができました。

  

NPO法人ソシオの杜には、全国に100名程しか資格を有していない「ソシオエステティシャン」が3名在籍しており、その強みを最大限に活かす事業展開を企画しました。

 

【事業名】 

 

ソシオエステティックの普及啓発・認知度向上を目的とする事業

 

とても硬い事業名ですが、まずは《ソシオエステ》を知っていただくことを目的として、色々な啓発活動を行うという想いを込めました。

 

具体的には、以下の3つのステップを計画しています。

 

 ①医療・介護従事者向けの【ソシオエステティックセミナー】の開催

 

②【ソシオエステティック体験会】の開催

 

③【ソシオセラピスト養成講座】の開催

 

それぞれの事業については、改めてご紹介したいと思いますが、一歩一歩着実に前進できるよう日々行動していきたいと考えています。

 

 【3】審査結果

 

f:id:alba0822:20200306212942j:plain

 

今回は、当NPOを含め、10団体が申請し、5団体への助成が決定されました。

結果、《NPO法人ソシオの杜》も、無事に採択団体 として選んでいただけました。

 

私たちのほかにも、以下の4団体が採択されています。

 

いまりパパネットワーク

  助成名:会員拡大のための広報事業

かがみこどもプラザ実行委員会

  助成名:かがみこども食堂

スタディサポートgreenbook

  助成名:経済的に貧しい子供たちへの学習支援と夢を叶えるためのサポート

赤松まちづくり協議会

  助成名:赤松えがお食堂

 

どの事業も地域社会へ貢献する素晴らしい事業であり大変刺激を受けました。

 私たちも、今回、助成をいただいた資金を有効に活用し、《ソシオエステ》の普及を図っていきたいと思います。

 

f:id:alba0822:20200306213437j:plain

贈呈式

 

今後の活動経過については、随時ご報告いたします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。